自転車で日本一周することになったきっかけ
Last-modified: 2018-04-18 (水) 19:26:23 (32d)

Tag: 日本一周旅行記

s-00145.jpg

概要

ろっくんが自転車で日本一周することになったきっかけをまとめた。
もともと何を考えていて、何をきっかけに動き出せたのかなど、参考になれば幸いです。

menu

人生で一度はやってみたい夢

もともと、やりたい夢のひとつに 自転車で日本一周旅行 があった。

ただし、特に計画していたわけでもなく、日本一周できたらいいなぁくらいの漠然とした夢だ。

夢になったきっかけは、8年前にクロスバイクを買ってから少し経つくらいで、自転車に乗るのが楽しくなってきた頃。

サイクリストの多くは、「日本一周」は一度はやってみたいことになるのではないだろうか。

だめな自分を変えたい

いつの間にか 30代半ば になっている自分がいた。

ふと過去を振り返ると、何か大きなことをやり遂げたことがないことに気づく。

ただただ、平穏に、安全に、刺激の少ない平坦な道を歩んできた。

結婚するわけでも、勉強するわけでも、チャレンジするわけでもなく、だらだらとゲームやアニメに浸ってきた。

このままでは、たった一度の人生が腐ったまま終わりそうな気がした

何かしなければ、という焦りはあるものの、何をしていいのか、何ができるのかがわからない。

しかし、悩んでいてもしかたないので、何か変えるきっかけがほしかった。

当時、仕事は順調だったが、職場環境の問題でやりがいがなくなってきたので、転職を考え始めた。

10年間働いて、せこせこ貯金はしていたので、お金もそれなりに溜まっており、数年は働かずに暮らせる程度の余裕もあった。

いずれ転職するとして、まずはしばらく無職になってみて自分に何が出来るかをゆっくり考えてみることにした。



そして、無職になった

人生を変わるために投資やサイト制作など、少しずつチャレンジしたが、あまり成果が得られなかった。

しかし、生活は何も変わらなかったが、時間 が出来た。

結果的に、日本一周に必要な、「時間」 と 「お金」 が確保できた。

父親のガン

2017年後半に、父親がガンになった。
年齢はまだ65歳。

定年は過ぎているが、普通に働いていてもおかしくない年齢だ。

つまり、このまま何もせず、ただ働いて過ごしていても、定年で自由になることには体がボロボロで何もできなくなっている可能性が高いということ。

病気だけでなく、体中がガタがきているだろう。
老衰は避けられない問題で、足腰を痛めていれば、長時間の運動もできない。

ひとまず病気は治療できた父親も、すっかり体力がなくなってしまい、歩いてお遍路をするという夢が実現できるか分からない状態だ。

こうなってしまうのなら、若くて元気なうちに体を使う夢は絶対に叶えておくべき である。

年齢の問題(再就職問題)

日本一周のような時間がかかる夢だと、最悪は 無職にならざるを得ない

そうなると、比較的、再就職がしやすい年齢は、30代前半くらいだろうか。
もちろん、20代のうちに済ませておけば、更にリスクは減るのだが、私は気づくのが遅くなってしまった。

幸いなことにも、IT業界はさき数年程度は人員不足になりそうなので、日本一周から戻ってくる頃にもまだ再就職先は探しやすいかと思われる。

※これは日本の経済状況にもよるので断言はできないが。。

もともと転職願望はあったので、機会としては丁度良かったのだが、1年以上というブランクを乗り切る必要がある。

旅しながらも最低限の勉強は続けなければならないだろう。

まとめ

もともと持っていた夢だった。
実現するタイミングがなかった、作る勇気がなかった。

ちょうど転職で無職になるタイミングができた。
親の病気で、自分を見つめ直すことができた。

タイミングは偶然が重なっただけではあるが、もともと夢があったことと、自分が駄目でどうにかしないといけないという自覚があったから実現に向けて動くことが出来た。

妄想でもいい。

何かやりたいこと自分の変えたい点 を、普段からイメージしておくと、いざ、このような 「きっかけ」が出来るとしっかり動くことが出来る。

同じように自転車などで日本一周を考えている人は、些細なことでもいいので、きっかけを材料に動いてみてはいかがだろうか。

ちなみに、時間は勇気で確保できるが、お金は貯めるしかないので、こういうときのために、しっかり貯金をしておこう!


twitter.png facebook.png gplus.png hatebu.png