2018-06-05 22日目 何だかとてもガッカリな日。
Last-modified: 2018-06-08 (金) 10:19:28 (134d)

Tag: 自転車旅行記 日本一周旅行記 2018年度 6月

s-18-06-05_20180605_023026899_iOS.jpg

本日のひとこと

22日目になりました。
今日も相変わらず、ぐっすり快眠です。

残念ながら今日の洞爺湖は少し曇っていて、すっきり快晴にはなりませんでした。

昨日合流した真夏さんとは、洞爺湖の途中で別れ、またソロ旅行の出発です。
一人旅はかなり慣れたけど、いなくなったら寂しいものですね。

さて、今日は室蘭に向かったのですが、いくつかの残念な出来事があり、ガッカリ日和となってしまいました。

詳細は以下にて~。

menu

本日のデータ

ルート

s-18-06-05_20180605_134055000_iOS.jpg

今日は仲洞爺キャンプ場を出発し、そのまま洞爺湖を反時計回りで周りながら、室蘭方面に向かっていきます。

洞爺湖はサイクリングコースとしても優秀で、あまり起伏もなく、湖の周りを楽しく走れます。
北海道を自転車で回られる方は、ぜひ行ってみてほしいです。

その後は、時間もあるのでのんびり室蘭に向かっていきました。

走行距離と消費カロリーと獲得標高

63.8 km
1,194 kcal
653 m

s-18-06-05_20180605_134049000_iOS.jpg

s-18-06-05_20180605_134102000_iOS.jpg

洞爺湖まわりはほぼ平坦で気持ちよく走れ、洞爺湖から先も下り坂だったので、気楽なルートでした。

50m級の登りはありますが、もう屁でもないレベルですね。

いや、嘘です。辛いです。

慣れてきたとはいえ、超低速でじわじわ登るので爽快感は皆無でございます。

距離的には、70km未満が翌日に疲れを残さず走れるちょうどいい距離かなと思います。

かかった費用

5,121円

宿で宿泊してしまうと、やはり五千円を切るのは難しいですね。

まぁ、キャンプ場でも油断してご当地ものを食べすぎて、5000円を超えることがざらにあります。
いくらお金を使う旅だとしても、やりすぎ感が否めません。

項目費用内容
宿泊3,500宿
食費1,221カレーラーメン、すき家
飲料--
観光--
雑費400コインランドリー

出会い

4組

s-18-06-04_20180604_035752499_iOS.jpg

昨日から行動をともにしていた真夏さんとお別れです。
また北海道は自分と逆周りするらしいので、近々また会えるでしょう!
@manattyan5565

食事

朝食

道の駅で買ってあったショコラフランス。

s-18-06-05_20180604_211521195_iOS.jpg

あとは北海道限定の缶コーヒー。少し甘めだったかな。

s-18-06-05_20180604_211435244_iOS.jpg


そして、更に道中で立ち寄った道の駅「あぷた」で、りんごジュース「洞爺湖の露」と、ホタテクリームコロッケを食べました。
いつもどおり、食べてばかりです。

s-18-06-05_20180605_010236978_iOS.jpg

s-18-06-05_20180605_005126512-4_iOS.jpg

昼食

本日のガッカリポイント!

じぇんとる麺室蘭カレーラーメン

s-18-06-05_20180605_031512675_iOS.jpg

室蘭は、ご当地ラーメンとして、「室蘭カレーラーメン」を推しているみたいです。
なので、食べログで評価が高いお店で食べてみることにしました。

s-18-06-05_20180605_032203031-4_iOS.jpg

スープは結構甘めで、後からスパイスの辛さがきます。
ただ、あまりコクがなくて、油っぽさが強いので、とても美味しいと感じられません。

さらに個人的に麺も評価が低いです。
多加水系の中細の縮れ麺ですが、いわゆる普通の中華麺で特徴がない感じ。

正直、ガッカリしました。
この旅のラーメンの中では一番ハズレ。

唯一良かったのは、チャーシューはホロホロで美味しいという点でしょうか。

夕食

室蘭はめし処のチェックをしっかりやってなかったので、アンパイを取って、すき家の牛丼で。
写真は取ってませぬ。

本日の写真

洞爺湖

洞爺湖一周(今日は半周)

s-18-06-05_20180604_230745540_iOS.jpg

昨日から引き続き、洞爺湖を周っていきます。
残念ながら、今日は曇り空だったので、景色も昨日ほどではありませんが、見どころはばっちりです。

そして、何より道が楽しい!
国道のような広い道は走りやすいのですが、景色的に全然楽しくないので、こういう狭いけど曲がりくねって景観のいい道のほうがワクワクして良いですね。

この旅はできる限りそういう道を周りたかったのですが、重い荷物がネックなので、安全ルートを選択してしまいます。。。

s-18-06-05_20180604_230755814_iOS.jpg

s-18-06-05_20180604_234356975_iOS.jpg

s-18-06-05_20180604_234422260_iOS.jpg

s-18-06-05_20180604_234630375_iOS.jpg

洞爺湖 ~ 室蘭

道中

曇り空でしたが、右は海、左は山となかなかいい景色です。

室蘭は工業地帯のようで、半端なくでかい工場が立ち並んでいました。

s-18-06-05_20180604_235011816_iOS.jpg

s-18-06-05_20180604_235038002_iOS.jpg

s-18-06-05_20180605_000510469_iOS.jpg

s-18-06-05_20180605_002157431_iOS.jpg

s-18-06-05_20180605_002202535_iOS.jpg

s-18-06-05_20180605_014627446_iOS.jpg

s-18-06-05_20180605_014632517_iOS.jpg

s-18-06-05_20180605_015805025_iOS.jpg

s-18-06-05_20180605_020644992_iOS.jpg

s-18-06-05_20180605_023018259_iOS.jpg

s-18-06-05_20180605_023026899_iOS.jpg

s-18-06-05_20180605_023036973_iOS.jpg

s-18-06-05_20180605_023100490_iOS.jpg

s-18-06-05_20180605_030510174_iOS.jpg

s-18-06-05_20180605_030938500_iOS.jpg

室蘭

宿

ガッカリポイント。

今まで、2000円~3000円くらいで、そこそこいい宿やホテルに泊まれたので、そういうものかと思って完全に安心しきっていました。
しかし、室蘭、札幌ともに安い宿が見つかりません!
あってもゲストハウスのようなドミトリー形式。

自分はアレルギー持ちで咳が出やすいので、極力、ドミトリーは避けたいのです。
また、上記理由と、サイト更新作業でPCを使う手前、カプセルホテルも極力避けたいところ。

室蘭で見つけた宿は素泊まり3,500円。
ホテルとしては安い方だと思いますが、今までが良すぎたので、そこで少し残念な気分に。

実際に行ってみると、タオルなどのアメニティどころかティッシュすら用意されていない状況。
風呂も循環されていない感じで建物も結構ボロボロ。。

どうやらここはホステルのようでした。
ホステルってそういうとこだったのかー。。。

ドミトリーじゃなかっただけマシでしたが、3,500円出してこれかぁというガッカリ感が半端なかったのです。

予約する前日は、ほぼ同金額でランドリーも無料で使えるという最高なホテルが空いてたのですが、いざ日程も確定して予約するぞってなったときには満室になっていました。
1日遅かったようです。ぐぬぬ。

しかも、まさかの山の上。
室蘭の街自体は標高が低い位置にあるので、これも完全に油断してました。
激坂だったよ!!

でも景色が良かったのが救いでしょうか。

s-18-06-05_20180605_040214391_iOS.jpg

明日の予定(2018/06/06)

明日は 白老 に向かいます。

距離は大したこともないので、午前中に溜まった日記の更新をすませ、今日ハズレを引いた室蘭カレーラーメンのリベンジとして、発祥のお店に行くことにします。

その後はのんびり白老のキャンプ場を目指していきます。

明日はいい日でありますように。

関連リンク


twitter.png facebook.png gplus.png hatebu.png