日本一周で危険だった場所
Last-modified: 2019-01-06 (日) 21:36:25 (78d)

概要

日本一周をした結果、道中にいくつか危険なポイントがありましたので、共有したいと思います。

これから日本一周するひと、ロングライドをする人の参考になれば幸いです。

自転車にかなり乗っている人には当たり前のことかもしれません。
もし、他にもこんな危険な場所があったよという情報がありましたらご共有いただけると幸いです。

走行時に危険な場所

危険ランク1位 トンネル内

日本一周中はとにかくトンネルが怖かったです。
まず、道幅が狭く、その横をトラックなどが追い抜いていきます。

また側道部分は砂や砂利が積もっており、下手に踏むとチャリが滑って転んでしまいます。

トンネル内も電気をつけてもしっかりは見えませんし、狭いし、空気が悪いしで最悪な道です。

しかも逃げ場がないので、本当に気をつけて走ってくださいというしかありません。

危険ランク2位 電波のない場所

これは地味に怖いです。
こういう場所は大抵が山の中です。

熊やイノシシなどに遭遇する可能性もありますし、何かしらの事故があった場合に連絡手段がありません。

特に夜は絶対に走行しないほうがいいです。
通行する車もいないので、何かあっても発見が遅れてしまいます。

対策としては、出来る限りこういう場所を避けるか、安全運転で走るというところでしょうか。

危険ランク3位 交通量の多い狭い道

これは本当にどこにでもありますね。
特に大型車の通行量が多い道は最悪です。

後ろを気にしながら走らなきゃいけないので、危ないし、楽しくないしで良いことがありません。

個人的には「くそ道」って呼んでます(笑

危険ランク4位 側道に転がる砂利や小石

小さいのを踏んでもタイヤが弾き飛ばしてくれますが、少し大きめのを踏むとパンクする恐れがあります。
結構大きい道などでも、側道を清掃されていないような場所だとかなりの量が転がっています。

これを避けながら走るのも一苦労ですね。

危険ランク5位 砂、濡れたマンホール

あまり砂の上を走ることは多くないと思いますが、海岸沿いなどは砂が積もっている場所があります。
うっかり踏んでしまい、ブレーキを掛けたり、ハンドルを横に切るとものすごい滑るので転倒する可能性が高いです。

濡れたマンホールも同様ですので、走行時は注意しましょう。